虫歯治療の流れ

虫歯治療の流れ

虫歯治療では、健全な歯を削り過ぎない、取り残さないといった事がとても大切です。それをお話ししたいと思います。

20160108-102302_140

この方の場合は、歯と歯の間のところに大きな虫歯がありました。

削ってみると・・・

20160108-102357_150

こんな感じで大きな虫歯が見えてきました。この方の場合は特に症状はありませんでした。その為、虫歯が気づかないうちに大きくなってしまいました。。。

131942121977513213097

一般的にはこのような器具(タービン)を用いて、歯を削ります。(キーンと嫌な音のする機械です)この器具だと、削れすぎるため、下の写真にあるエキスカと呼ばれる器具で、柔らかい虫歯を取り除きます。

round-excavator

これだけだと、虫歯を取り残してしまう可能性があります。その為、「カリエスチェック」という、感染した虫歯のみを赤く染める溶液を垂らして、虫歯が残っていないか、確認します。

2914635_L20160108-102728_099

そうすると、矢印の部分に虫歯が取り残されているのが確認できます。

そうして、すべての虫歯の部分を丁寧に取り除きます。

20160108-102921_835

すべての虫歯が取りきれたら、小さい範囲であれば、CRと呼ばれるプラスチックの材料でつめて、噛み合わせをチェックして、終了です。

20160108-103333_967

すべての治療を一つ一つ丁寧に処置する事で、確実な治療が行えます。

当院では、こんな治療過程も写真をとり、説明しています。気づかないうちに虫歯が大きくなってしまう場合がありますので、定期健診はとても大切です。

また、虫歯にならないように予防する事もとっても大切です。いくら治療しても、磨き残しがあれば、そこからまた虫歯になります。歯磨きの仕方、どうしたら虫歯を予防できるのか一緒に考えていきましょう!

お待ちしております。

No Comments Yet.

Leave a comment