治療費

  • HOME > 
  • 治療費

インレー(臼歯)

メタルインレー(保険)

メタルインレー(保険)

メタルインレー(保険)

メリット
  • 安価で治療ができる
デメリット
  • 金属色が目立つ
  • 経年的に錆びる
  • 接着剤が弱い為、周りから虫歯になる事も
  • 治療費:約4,000円

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー

メリット
  • 比較的安価
  • 見た目が綺麗
  • アレルギーがない
デメリット
  • セラミックに比べると、経年的に変色やすり減りが見られる
  • 治療費:30,000円

セラミックインレー

セラミックインレー

セラミックインレー

メリット
  • 長期的に安定
  • 見た目がいい
  • つやがある
  • 汚れがつきにくい
  • 硬い
  • 虫歯になりにくい
デメリット
  • 他と比べて高価
  • 治療費:70,000円

クラウン(臼歯)

メタルクラウン(保険)

メタルクラウン(保険)

メタルクラウン(保険)

メリット
  • 安価で治療ができる
デメリット
  • 金属色が目立つ
  • 経年的に錆びる
  • 接着剤が弱い為、周りから虫歯になる事も
  • 治療費:約5,000円

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

メリット
  • 比較的安価
  • 見た目が綺麗
  • アレルギーがない
  • 汚れがつきにくい
デメリット
  • 透明感が少ない
  • 治療費:70,000円

オールセラミックスクラウン(ジルコニアフレーム+セラミック)

オールセラミックスクラウン(ジルコニアフレーム+セラミック)

オールセラミックスクラウン(ジルコニアフレーム+セラミック)

メリット
  • 長期的に安定
  • 見た目がいい(見た目は天然歯とほぼ変わらない)
  • つやがある
  • 汚れがつきにくい
  • 虫歯になりにくい
デメリット
  • 他と比べて高価
  • 治療費:110,000円

クラウン(小臼歯)

CAD/CAM冠(保険)

CAD/CAM冠(保険)

CAD/CAM冠(保険)

メリット
  • 安価で白く出来る
デメリット
  • セラミックに比べると、経年的に変色やすり減りが見られる
  • 割れたり取れやすい
  • 治療費:約8,000円

クラウン(前歯)

硬質レジン前装冠(保険)

硬質レジン前装冠(保険)

硬質レジン前装冠(保険)

メリット
  • 安価で白く出来る
デメリット
  • 金属色が目立つ
  • 経年的に錆びる
  • 接着剤が弱い為、周りから虫歯になる事も
  • 治療費:約9,000円

e-maxクラウン

e-maxクラウン

e-maxクラウン

メリット
  • 比較的安価
  • 見た目が綺麗
  • アレルギーがない
  • 汚れがつきにくい
デメリット
  • 強度が少し低い
  • 治療費:100,000円

オールセラミックスクラウン(ジルコニアフレーム+セラミック)

オールセラミックスクラウン(ジルコニアフレーム+セラミック)

オールセラミックスクラウン(ジルコニアフレーム+セラミック)

メリット
  • 長期的に安定
  • 見た目がいい(見た目は天然歯とほぼ変わらない)
  • つやがある
  • 汚れがつきにくい
  • 虫歯になりにくい
デメリット
  • 他と比べて高価
  • 治療費:130,000円

オールセラミックスクラウン(ジルコニアフレーム+セラミック)

オールセラミックスクラウン(ジルコニアフレーム+セラミック)

オールセラミックスクラウン(ジルコニアフレーム+セラミック)

メリット
  • 長期的に安定
  • 見た目がいい(見た目は天然歯とほぼ変わらない)
  • つやがある
  • 汚れがつきにくい
  • 虫歯になりにくい
デメリット
  • 他と比べて高価
  • 治療費:150,000円

ホワイトニング

項目 費用
オフィスホワイトニング(上下20本) 1回25,000円
2回40,000円
3回50,000円
ホームホワイトニング(上下20本)
マウスピース(上下)+ジェル3本
25,000円
ホームホワイトニング用ジェル(別売り) 3,000円/本
パーフェクトホワイトニング
オフィス2回+ホームホワイトニング
50,000円
インターナルブリーチ(失活歯) 1回目10,000円
2回目以降3,000円
ガムピーリング
(歯茎の色を明るくします)
1回5,000円
エアーフロー
(特殊なパウダーで着色を除去します)
3,000円

インプラント治療

インプラント相談

価格の表示は全て税込価格です。

インプラント相談 無料

インプラントに関する費用

インプラント(臼歯)
360,000円
インプラント(前歯)
410,000円
※オペ代・(上部構造・アバットメント・インプラント体)全て込みの金額となります。
※被せ物は、ジルコニアセラミックスを使用しています。

オプション

静脈内鎮静法 110,000円
GBR(骨増大術) 55,000~110,000円
ソケットリフト(上顎洞低底挙上術) 55,000円
サイナスリフト(上顎洞低底挙上術) 220,000円
サージカルガイド 55,000円
All On 4(Tiフレーム・ハイブリッド) 3,300,000円
All On 6(Tiフレーム・ハイブリッド) 3,850,000円
All On 8(Tiフレーム・ハイブリッド) 4,950,000円
All On (ジルコニアフレーム・セラミック) +550,000円

矯正歯科

項目 費用
矯正相談 無料
診断料
(抜歯、非抜歯など精密な検査が必要な場合にレントゲン写真や歯型(口腔内スキャン)などを取り、後日、分析結果とシュミレーション等の説明を致します)
50,000円
ワイヤー矯正
900,000円
マウスピース矯正 400,000円~900,000円
クリーニング 7,000円/月
抜歯費用 1本 5,000円

小児矯正

Ⅰ期治療(3〜10歳)・・・Ⅱ期治療への準備

項目 費用
矯正相談 無料
ムーシールド 150,000円
プレオルソ 300,000円
拡大床(上下顎) 400,000円
(定期チェック2000円/2ヶ月に1回)
インビザライン・ファースト 500,000円
(定期チェック3000円/2ヶ月に1回)
抜歯費用 1本 5,000円

Ⅱ期治療(11歳~)

項目 費用
インビザライン
Ⅰ期治療を当院で終了している場合は、トータルで90万円(税抜)
900,000円
(定期チェック3000円/2ヶ月に1回)

お支払方法

クレジットカード

各種カードをお取扱いしています。
VISA、JCB、アメリカン・エキスプレス、Master Card、ダイナース、DC
院内無利子分割払いが可能です。(1回払い・2回払い)

お振込み

院内の無利子分割払いをご利用いただけます。(1回払い・2回払い)

分割払い(デンタルローン)

長期分割払いが可能です。金利3.9%です。
各種クレジットカード、カードローンなどの分割払いに比べ、手数料(金利)負担が格段に割安な、安心プランです。
お申込みに際して、ローン会社より審査がございますので、ご希望の際は受付までお申し出ください。

医療費控除について

歯科治療費の医療費控除

軽減される税額の早見表

平成26年8月31日現在の税制に基づき作成しています。

課税総所得金額別(医療費控除前)

※この表の「軽減させる税額」は、所得控除が基礎控除(38万円)のみ受けているものとして計算します。

※詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。

国税庁 タックスアンサー
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

計算してみましょう

計算はこちらから

国税庁 タックスアンサー
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

医療費控除とは

自分自身や家族のために医療費を支払った場合、確定申告の際に手続きをすると一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。申請には領収書が必要になりますので大切に保管して下さい。

歯科治療費が医療費控除の対象となるかの判断
  1. 歯の治療は、高価な材料を使用することが多く治療代も高額になります。保険診療に限らず自費診療においても医療費控除の対象となる場合があります。
    一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりませんが、金やポーセレンを使った義歯の挿入などの治療は一般的なものとされ、対象になります。(詳しくは歯科医師にお問い合わせ下さい。)
  2. 発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などから歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。しかし同じ歯列矯正でも、審美を目的とした場合の費用は医療費控除の対象になりません。
  3. 治療のための通院費も医療費控除の対象になります。またお子様の通院に付添いが必要な場合は、付添人の交通費も含まれます。通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額を記録し、タクシーなど領収書がある場合は保管して下さい。ただし、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等は、医療費控除の対象にはなりません。
治療費をデンタルローンで支払った場合

デンタルローンは患者様が支払うべき治療費を信販会社が立替払いをし、その立替分を患者様が分割で信販会社に返済していくものです。したがって、信販会社が立替払をした金額は、その患者様のその立替払をした年の医療費控除の対象になります。
なお、デンタルローンを利用した場合には、患者様の手元には治療費の領収書がないことが考えられますが、デンタルローンの契約書の写しを用意してください。
※金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりませんのでご注意下さい。

歯の医療費をカードにより支払う場合

カードを利用した場合でも、歯科医院発行の領収書を添付書類と、カードローンの契約書の写しをご用意ください。
※金利及び手数料は医療費控除の対象となりませんので御注意下さい。

※詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。

国税庁 タックスアンサー
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

TOPへ戻る
03-3220-820103-3220-8201 WEB予約WEB予約 アクセス
マウスピース矯正特設サイト インプラント治療特設サイト