オールセラミッククラウンとは?

オールセラミッククラウンとは?

被せ物には様々な種類があります。

保険の銀合金(銀だけでなく銅など様々な金属が混ざっています)やハイブリッドセラミックス(プラスチックとセラミックを混ぜたもの)、セラミック(セトモノ)などが代表的な材質になります。詳しくは当院の診療内容の項目の費用についてをご覧ください。

今回はセラミックのみを使った被せ物(オールセラミッククラウン)を紹介します。

前歯が外れたとの事で来院され、再度被せなおしました。

《初診時の写真》

IMG_0084

《治療後》

IMG_1508

治療前は周りとの色の違いや、歯茎との境の部分の見た目などの違和感がありましたが、治療後は周りとの歯との調和もとれています。

これは、写真を撮影し、技工士さん(歯を作ってくれる方)がその色に合わせてセラミックを盛り上げて自然な色に仕上げていきます。保険のとは違いオーダーメイドで作りますので、費用はかかりますが、出来上がりが全く違います。

被せ物の見た目など、気になる方、相談したい方はご連絡ください。

No Comments Yet.

Leave a comment