矯正歯科

矯正治療は歯を並べる事により見た目と噛み合わせを本来あるべき位置に整えて審美性の改善や様々なお口のト ラブルを予防する基礎治療です。

歯並びが悪いと笑顔に自信が持てなくなる事で自信がなくなる等の心の問題、歯磨きが難しくて虫歯や歯周病に なりやすい、しっかり咬めないので消化不良になり胃腸への負担が大きい、口が閉じにくい、うまく喋りにく い、顎の関節に負担がくる、体のバランスや運動能力が悪くなる、等の体への問題の二つの側面を治療する事が できます。矯正治療を受ける事でこれらの問題を改善し、安定した噛み合わせを獲得する事で、 美しく明るい笑 顔を手に入れられ、歯の寿命をのばし、からだ全体の健康にも良い影響をもたらします。

治療の流れ

①診査

  1. 問診 何が気になっているのか詳しく確認させていだだきます。
  2. 口腔内検査 虫歯や歯周病のcheck。矯正治療前にはお口の状態を改善しなければ治療はできないので、レントゲンなどを撮り確認します。
  3. 顎機能と咬合機能の検査 歯並びや顎の状態など現在の問題点を確認します。
  4. レントゲン診査 セファログラム(頭部X線規格写真)を撮影させていただき、顎の発育や骨格的な問題や歯の傾きなどを分析します。
  5. 歯型の採得 模型を分析し、矯正治療の計画を立てます。)
  

②診断・カウンセリング

こちらでも模型やレントゲンの分析をします。その後、治療のゴールやそのプロセスを患者さんに示しながら、それぞれの患者さんに適した治療装 置とその効果,治療期間、第2期治療の可能性(子どもの場合)、保定、後戻りの可能性や治療のメリット・デメリットおよび抜歯・非抜歯について 説明を行います。

③初期治療

虫歯や歯周病の治療や必要があれば親知らずの抜歯をします。

④矯正治療開始

装置装着後1回 /月来院して頂き、クリーニングと装置の調整を行います。約1.5~2年で矯正治療が終了します(個人差があるので治療期間は長期化す る事もあります)。

 

⑤リテーナーの装着

矯正後は後戻りがあります。矯正治療が終了後は全ての患者さんに後戻り防止のためにリテーナーという装置を入れていだだきます。固定式と非固 定式があります。装置は様々ありますので、ご相談して決めます。

術前

術後

マウスピース型の矯正治療システム

装置が透明に近いマウスピースの形をしているので、従来の矯正装置(ブ ラケットやワイヤーをつける装置)に比べて目立たず、いつでも取り外せ、通院があまり必要がないといった特徴 があります。この装置を「アライナー」と言います。

このアライナーはデジタル上で作成でき、再現性の精度が大変高い事が特徴です。ただし、症状によってはマウ スピース型矯正の使用が難しいものもあります。まずは検査を行い、適応症かどうか診断が必要です。

マウスピース型矯正のメリット

  • 透明なマウスピースで気付かれにくい
  • 取り外して装置の無い状態で食事や歯磨きができる
  • 治療完了後のシュミレーションができる
  • 通院回数が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない

治療用について

相談料 0円

診断料 30,000円

ワイヤー矯正 装置装着 80万 +装置調整、クリーニング 7000円/月

マウスピース矯正 60万~

*全て税抜き価格

トータル治療費に含まれないもの

  • 一般歯科治療(虫歯等)
  • 抜歯代金:当院では1本15,000円(税込16,500円)

装置

MEAW(マルチループアーチワイヤー)

MEAWは複雑に曲げられたワイヤーを使って歯を矯正する装置です。
歯を動かしやすいようにワイヤーがループ(輪)の形状になっています。そのワイヤーが歯の間に1本1本入っているため、歯を同時に自由に動かしていくことが可能な構造です。

症例集

症例1

主訴

前歯の噛み合わせがずれている

治療説明

当時4歳の女の子で、下顎が噛むときに上の前歯に当たって顎が右前にでて噛む様な噛み合わせをしていました。この様な噛み合わせだと今後の顎の成長に影響してくる為、右上の前歯を外に出す必要があることを説明しました。

治療費

10万+TAX

治療期間

3ヶ月

治療経過

上顎には取り外し式の装置を作製し、患者さんには食事以外つけてもらう様にしました。約3ヶ月で歯の移動がおこり、噛み合わせが改善されました。歯の真ん中も矯正前に比べ真ん中に一致してきています。今後歯並びや顎の状態を観察していきます。

治療前
治療中
治療後

症例2

主訴

前歯の噛み合わせがずれいている

治療説明

当時6歳の女の子で、下顎が噛むときに上の前歯に当たって顎が右前にでて噛む様な噛み合わせをしていました。この様な噛み合わせだと今後の顎の成長に影響してくる為、右上の前歯を外に出す必要があることを説明しました。

治療費

10万+TAX

治療期間

3ヶ月

治療経過

この患者さんの場合は取り外し式ではなく、歯に装置を装着するもので、取り外すことのできない物で作製しました。装置装着後3ヶ月で噛み合わせも正常に戻り、患者さんのお母さんも安心していました。

この様に小さい頃に矯正をすることで、大人になる前に問題を改善しておいたほうが、治療期間の短縮や悪化を防げる為、定期的なメンテナンスをお勧めしています。

治療前
治療中
治療後