予防歯科

予防歯科はカリオロジーに基づいています。

カリオロジーとは、虫歯の実体をきちんと把握してコントロールするという学問です。

カリオロジーの中では、しっかりした予防を行い、治療においても、虫歯ができた場合削る量を最小限におさえ、再石灰化をうながします。

削る量を最小限におさえると、キーンとしたイヤな歯を削るドリルもほとんど使わなくて済みます。

予防の流れ

1:歯茎の腫れなど歯周病になっていないか、歯茎の状態を確認します。

2:磨き残しを染め出して確認します。一見綺麗に磨けてる様でも磨き残しがある事が確認できます。磨き残しの多い所をどうしたらしっかり磨けるのか衛生士が丁寧にご説明します。

3:磨き残し(プラーク)部分を音波振動ブラシを用いて除去します。普段の歯ブラシでは落としにくいプラークも強力な音波振動によって除去することが可能です。

4:その後、歯と歯の間の磨きにくい部分にたまった歯石(プラークが長い間溜まって硬くなった物)を超音波振動する機器等を用いて機械的に除去します。この歯石は歯ブラシでは取る事が出来ず、表面にはプラークが溜まりやすいため、定期的に除去することをお勧めしています。

5:最後に歯の全体の汚れを落とし、表面をピカピカに磨いていきます。

6:クリーニング前とクリーニング後です。歯の着色も落ちて表面がピカピカになっています。定期的にクリーニングを行うことで、歯を残せることが分かっています。クリーニングの最後に虫歯や噛み合わせのcheckも行い、症状がなく進んでしまう虫歯も早くに治療することによって進行してしまい神経を抜いたり、歯を抜く事を防ぐ事ができる場合が多いです。

7:虫歯になりやすい方にはフッ素の表面コーティングも行っています。高濃度のフッ素を定期的に塗布する事で歯の質を強化し、虫歯になりにくい状態に改善します。また、初期の虫歯に作用し治していく事も可能です(当院ではオプションになります。料金等は直接お問い合わせください。)

エアーフロー

タバコやコーヒー、紅茶等の着色がひどい場合はサービスで着色も落としています。エアーフローという特殊な機械を用いて歯の表面を傷付けることなく綺麗に落としていきます。

定期メンテナンス

治療はもちろん大切ですが、治療終了後に定期的に歯科医院に通うことで、また治療で何度も通院しなければならなかったりするのを防ぐのにも歯のメンテナンスがとても大切です。

荻窪ツイン歯科医院では、クリーニングや歯磨き指導などを約1時間程かけて丁寧に行っています。もちろん保険診療で受けることが可能です。