矯正歯科

子供の矯正~正しい咬み合わせへ導く~

咬合誘導

DSC_5464_a

子供の歯列矯正は、咬合誘導とも呼ばれ、正しい咬み合わせへの誘導のために行います。
子供の時期に、大人の咬み合わせを想定しながら、将来永久歯がうまく咬み合うような治療を行います。

子供だからできる骨格性の治療

咬み合わせの不調和は、大きく分けて、①歯が原因のものと、②骨格(顎)が原因のものに分けられます。子供の矯正の特徴は、後者の骨格的な原因の不調和を治療しやすいことです。大人になってからでは、抜歯や手術を要するような症例でも、骨が柔らかい成長途中の子どものうちに治すことで、より自然に症状を改善できます。

癖の改善も重要

小さなお子様は、指しゃぶりなど生活の中での癖が、知らず知らず咬み合わせに影響を及ぼすこともあります。こういった癖の指摘や改善も子供の矯正の大事なポイントです。

ご両親へ

当院では、たとえ低学年のお子様であっても、本人が希望しない限り治療を行いません。お子様にもできるだけわかりやすく説明し、自分がどのような状況にあるかを理解していただく努力をいたします。
お子様の将来のためにも、不具合に少しでも気付かれた場合は、遠慮なくご相談ください。

成人~大人になっても大丈夫~

すてきな笑顔をごほうびに

すてきな笑顔をごほうびに

この数年、成人矯正をされる方は大変増えました。
子供のころ、矯正ができなかったため、大人になってから行うという方や、受験などが一段落した大学生の患者様が多いようです。
矯正治療をされることで、笑顔に自信を持つことができ、よりいきいきと社会生活をされている方がたくさんいらっしゃいます。お仕事や受験をがんばった自分へのごほうびに、すてきな笑顔を手に入れてみてはどうでしょうか。

成人でも変わりはなく治療可能

成人矯正は本当にうまくいくのか、と心配される声も多いようですが、大人になってからでも矯正治療を受けることは十分にできます。
もちろん、骨格性の問題がある場合は、子供の矯正よりも自由はききません。しかし、大抵の治療は子供の矯正と変わらず行えます。
お仕事や学校など、矯正装置をつけて生活されることに不安を持たれている方もいらっしゃることと思います。丁寧にご説明しながら治療していきますので、ご安心ください。

装置

MEAW(マルチループアーチワイヤー)

MEAWは複雑に曲げられたワイヤーを使って歯を矯正する装置です。
歯を動かしやすいようにワイヤーがループ(輪)の形状になっています。そのワイヤーが歯の間に1本1本入っているため、歯を同時に自由に動かしていくことが可能な構造です。

症例集

症例1

主訴

前歯の噛み合わせがずれている

治療説明

当時4歳の女の子で、下顎が噛むときに上の前歯に当たって顎が右前にでて噛む様な噛み合わせをしていました。この様な噛み合わせだと今後の顎の成長に影響してくる為、右上の前歯を外に出す必要があることを説明しました。

治療費

10万+TAX

治療期間

3ヶ月

治療経過

上顎には取り外し式の装置を作製し、患者さんには食事以外つけてもらう様にしました。約3ヶ月で歯の移動がおこり、噛み合わせが改善されました。歯の真ん中も矯正前に比べ真ん中に一致してきています。今後歯並びや顎の状態を観察していきます。

治療前
治療中
治療後

症例2

主訴

前歯の噛み合わせがずれいている

治療説明

当時6歳の女の子で、下顎が噛むときに上の前歯に当たって顎が右前にでて噛む様な噛み合わせをしていました。この様な噛み合わせだと今後の顎の成長に影響してくる為、右上の前歯を外に出す必要があることを説明しました。

治療費

10万+TAX

治療期間

3ヶ月

治療経過

この患者さんの場合は取り外し式ではなく、歯に装置を装着するもので、取り外すことのできない物で作製しました。装置装着後3ヶ月で噛み合わせも正常に戻り、患者さんのお母さんも安心していました。

この様に小さい頃に矯正をすることで、大人になる前に問題を改善しておいたほうが、治療期間の短縮や悪化を防げる為、定期的なメンテナンスをお勧めしています。

治療前
治療中
治療後