歯内治療

歯内治療とは

DSC_5412_a

一般には、歯の神経の治療と言われ、歯を支える土台としての根(根管)の処置なので、根管治療(コンカンチリョウ)ともいいます。 この『歯内療法(根管治療)』により、 患者様の歯を更に長生きさせることができます。

根管は直経1mm以下と非常に細く、しかも硬くなった部分や、 大きく曲がっているものがあります。根管治療ではこれら根管に対して、 小さな器具を完全に通過させ清掃し、形態を整える非常に高度な作業が行われます。質の高い治療を提供するためのトレーニングと、 高度な技術が必要であることがおわかりいただけると思います。当院の特徴はラバーダム防湿、Ni-Tiファイル、マイクロエンド、歯科用CT、の使用もしくは設備があることです。これにより、精密な治療が行えるため、歯を長く残す事が出来ます。

当院の歯内治療

設備

歯内治療とは 歯内治療とは

当院では、ラバーダム防湿(唾液が触れるのを防ぐことで成功率が上がるのは文献でも実証されています。当院では患者さんの歯を守るために行っています)を行い、マイクロスコープを覗きながら治療することにより、精密な治療を行うことが出来ます。 また、Ni-Tiファイルという柔軟性のある器具を用いることによって、曲がっている根管内を綺麗にすることが出来、なおかつ短時間で治療が行えます(但し、使用回数が限られているため、保険診療には使えません)

症例写真

症例写真
症例写真 症例写真

この様な大きく曲がっている歯でも器具がしっかり到達するため治療が行えます。

症例写真 症例写真

一般的には3本の根管なんですが、この根管は4本でした。
マイクロスコープやNi-Tiファイルなどを活用することにより、綺麗な治療が行えます。

その他、CTを使った診断や根っこの中にお薬を詰める方法等、様々な点でこだわり、診療しています。 歯が残せるのか、治るのか等、お気軽にご連絡ください。

症例集

症例1

主訴

左下の奥歯を他院で抜いたほうがいいいと言われたので、診てほしい

治療説明

当院でレントゲン撮影をすると左下の奥歯の根の先に黒く透過像を認めました。歯周病の検査も行いましたが、問題は認めなかった為、根の先の問題だけだった為、残せる可能性が高い事を説明しました。

治療費

9万円+TAX(歯の種類によって

費用

が変わります。また、根の治療を行った後のファイバーの土台の

費用

も入っています。)

治療経過

ラバーダム防湿を行い、マイクロスコープを用いて滅菌下で精密な根管治療を行いました。根管内部を完全にきれいにした後、細菌が繁殖しない様に内部を緊密に封鎖(根管充填)をしました。

直後はまだ透過像を認めますが、3ヶ月経過後は炎症もほとんど認めず、症状も改善されていました。

患者さんも抜歯をせずに済んだ為、喜んでいました。現在はラバーダム防湿やマイクロスコープ、また場合によってはCT撮影をする事で今までの治療では見落としていた問題を見つける事が出来る様になって、治療の成功率を上げることが出来ます。

治療前
根充直後01
根充直後02
治療後3ヶ月