フッ素で、虫歯予防⭐️

フッ素は虫歯予防にいいと言われており、ドラッグストアなどにある色々な種類の約9割の歯磨き粉にはフッ素が入っています。しかし、どれくらいのフッ素の濃度が入っているのかしっかり記載されてない歯磨き粉が多いです。
フッ素が入っていても濃度が低ければフッ素による虫歯予防の効果も低いと言えます。

今までの歯磨き粉は高濃度といっても950ppmまでが最高濃度でした。(ppmはフッ素の単位です)それでは全く効果がないというわけではありませんが、フッ素濃度が500ppm上がるごとに6パーセント虫歯予防効果が高まるとされているので、虫歯になりやすい方はやはり高濃度がおすすめです。
そして2017年の3月、厚生労働省によりフッ素の濃度が1000ppm から1500ppmに引き上げられる認可がおりました。
昔からアメリカの歯磨き粉などは1000から1500ppmの濃度が一般的でしたのでやっと日本も追いつきました!

当院での高濃度フッ素配合のものは、チェックアップstandardという歯磨き粉をご用意しております。パッケージにも書いてあるように1450ppmフッ素が配合されています。

味はクセがなく泡立ちすぎないさっぱりとした使い心地です。
うがいを少なめの水で軽く1回だけにするとお口の中にフッ素が停滞します。

プラスで、、
特に就寝前の歯磨きは念入りにして、更にフッ素洗口をすると虫歯予防に効果的です。
当院ではチェックアップ、ミラノールという洗口液をご用意しております。
どちらもフッ素濃度は450ppmです。2つの違いは、チェックアップはそのまま使用できて、ミラノールはフッ素の粉を200mlの水で溶かして使用します。
歯磨き後、11回(就寝前が効果的)お口に洗口液を含み30秒ほどしっかりグチュグチュうがいをします。最後は水でゆすがないでください。

寝ている間は唾液が出ず虫歯になりやすい状態ですが、唾液がない分フッ素は口内に停滞しやすいので効果的です。
ぜひ高濃度フッ素の歯磨き粉チェックアップと
洗口液を併用して虫歯をしっかり予防して行きましょう!