神経を残す!

神経を残す!

虫歯が大きくなると、ズキズキ痛む事があります。これは虫歯が神経の近くまで進行した状態です。神経をとるために歯を大きく削ったりする事により、歯の寿命は大きく縮んでしまいます。これは避けたいことです。

その為、当院ではなるべく神経を残す為に努力しています。ラバーダム防湿を行い、無菌的な治療をする事により神経を残せる確率が高まります。もちろん、保険治療においても行います。(ただ、保険治療では無償なので出来ない場合もあります)

この後、少し痛みが出る可能性がありますが、すぐに神経をとってしまうよりはいいと思います。もし、痛みが強く出たら、その時に神経の処置をした方が歯にとってはいい処置になります。

詰め物の下の虫歯

虫歯が大きい

ラバーダム防湿で無菌的な処置、神経が出てきた

消毒して、出血が止まった

神経の炎症をとるお薬を塗ります

蓋をして1ヶ月以上様子見

保険、保険外にかかわらず、当院では最善の治療を目指して治療を行っています。

何かあればお気軽にご連絡ください。

No Comments Yet.

Leave a comment