なるべく神経を残したい!

なるべく神経を残したい!

先日、何もしなくても奥歯が痛む患者様がいらっしゃいました。

 

この奥歯はラバーダム防湿というもので、防湿(つばが入らないように)をして細菌が進入しないように無菌的な処置をするためのものをかけて治療しました。当院では、しっかりとラバーダムをかけられる歯はなるべくこのような治療をいたします。う蝕検知液で赤く染まった虫歯をしっかり取り除き治療していくとかなり深く、神経の近いところまで進行していました。虫歯が進行すると細菌により痛みが出てきます。

神経を残せる可能性のあるお薬(フッ素を取り込む力のがあり歯を強化する)を詰めしばらく様子をみていただきました。

痛みがないということで、部分的な被せ物で対応できます!

今回は神経を残せたので、残せなかった場合に比べ、来院回数が3回以上少なく、又、神経の処置をしてしまった歯は、健康な歯に比べて寿命が短くなり虫歯になりやすく黒ずんでくるデメリットがあります。

今回の患者様は早い処置で神経を守ることができました✨

 

No Comments Yet.

Leave a comment