月別アーカイブ: 2017年7月

インレーのやり直し(メタルインレー→ハイブリッドインレー)

保険のメタルインレーを保険外のハイブリッドインレーに変更しました。

 

メタルインレー

 

除去後

ハイブリッドインレーセット前

ハイブリッドインレーセット後

歯と金属とをくっつけている接着剤がなくなり汚れが入り込んでいる

保険のインレーと保険外のインレーの違いは、見た目とセメント(歯と被せ物との間の接着剤)と接着(歯とのくっつき)が大きいと思っています。

保険の金属を外すと大体、中の接着剤が一部溶け出して(普段食べ物を食べることによって、力がかかるため)内部で金属が溶け出し、黒くなっています。保険外ではこの様な事は、しっかり手順を踏んでくっつければ、まずありません。

もちろん、金属は費用がやすく、硬いなどメリットがあります。

当院では、患者さんに合った治療をご提案致します。

お気軽にご連絡ください。

 

インプラント手術

本日は上顎に6本のインプラントを埋入しました。

処置の流れは麻酔(部分的に)→お口の中の消毒・クリーニング→インプラントオペで、処置は2時間程で終わりました。

最初いらしたときのお口のレントゲン写真です上の歯は歯周病で抜かなければいけないのが1本、割れている歯が2本ありました。下の歯に比べ、上の歯は骨が柔らかくダメになりやすい事があります。

入れ歯よりしっかり噛めるインプラントを選択されたため、本日処置をしました。

処置前

本数が多い為、最終的な歯の位置を考えてインプラントをする必要があります。その為、サージカルガイドと呼ばれる物を作製し、インプラントの位置を決めCT撮影を行いオペを行いました。

処置前の歯型(治療方針が書かれています)

サージカルガイド(最終的な歯の位置を考えた設計)

サージカルガイドはインプラントの設計図です

CT画像とサージカルガイドを用いてインプラントの手術を行いました。

インプラント埋入後

今回の処置はただ、インプラントを埋入するだけでなく、骨の少ないところには人工の骨を使った再生治療なども行いました。その為、3ヶ月程待ってから被せ物の準備をしていきます。

患者さんが問題なく食べられるようになるのが楽しみです。

当院では、どうしても抜歯しなければならない場合にはインプラント治療を行って、しっかり噛めるように治療を行います。お気軽にご相談ください。