投稿者「ogikubo_dc」のアーカイブ

CTは必要!?

これは一般的なレントゲン写真とCTの部分的な画像です。
どうですか?レントゲンには写ってこないのですが、CTではハッキリと根の周囲に黒い影が見えます👀
これは2次元のレントゲンでは周りを厚い骨で囲まれている為に、根の病気が写らないのです。
治療する上で診断がとても大事なので、根管治療、インプラント治療、親知らずの抜歯ではCT撮影をする場合があります。
当院では最新のCTを完備しておりますので、お気軽にご相談ください✨

レントゲン撮影
CTの断面図

歯根嚢胞の治療


歯の根っこの先に炎症(膿が出ることもあります)が起こると赤矢印で囲まれた様にレントゲンで黒くなります。これが大きくなると嚢胞と呼ばれる袋状の出来物になります。こうなると、従来の根管治療だけでは治せない場合もあるので、外科的な治療が必要になる事があります。
この方の場合はマイクロスコープを用いて根管治療(一般的な神経の治療)+歯根端切除術(根っこの先を外科的に切除術)を行い治療をしました❗️
約1年経過しましたが、無事治ってきました✨患者さんは、抜歯してインプラントも覚悟して、他院からご紹介をして頂きましたが、ご自身の歯を残せて大変喜んでいました
当院では根管治療をしっかり行う→それでも残せない場合はインプラント治療を行います❗️
他院で抜歯と言われても残せる場合もありますので、お気軽にご相談ください❗️

治療前
治療後

iTero(口腔内スキャナー)✨

iTero✨
こちらは度々出ている口腔内スキャナーのiTeroです❣️
この装置でお口の中をスキャンする事ができます。
この機械でなにが出来るかと言うと、スキャンする事で被せ物を作ったり、精度の高いマウスピース矯正用のマウスピースを作る事が出来ます✨
従来の型取りに比べ、患者さんの負担も少なく、型取りのムラがないためマウスピースの適合が高い事が挙げられます👀
次の動画は被せ物を作るためにスキャンした動画です🎥
そして、最後の写真は被せ物をセットした所です🤗
いかがですか?綺麗で被せ物もピッタリ❣️デジタル技術の進化は凄いですね❗️
当院ではインビザラインのマウスピース矯正に活用もしております🙂
無料相談も行っておりますので、お気軽にご相談ください❗️

アライナー矯正(インビザライン)✨

マウスピース矯正(インビザライン)✨
のシュミレーション(クリンチェック)の動画です👀
これはiTeroによる口腔内スキャナーでスキャンを行い、こちらで顔写真、セファロ分析から歯列不正が歯の傾きによるものなのか、骨格によるものなのか、どの様な移動をさせるのかを分析して診断した事を、指示してシュミレーションを作っていただきます。
動画の様に歯を動かしていきます。その過程でいくつもの模型を作成し、それに合ったマウスピースを作り、1日20時間以上装着していただく事で矯正します🦷
移動のチェックをし、移動順序等様々な修正を行い、アライナー(マウスピース)が出来上がります。
歯の移動は1枚あたり0.25mmの移動なので
、移動量によって枚数と期間が変わります。
今はデジタルの進化により、マウスピース矯正でほとんどの症例で治療が可能です❗️
気になる方は無料矯正相談もおこなっていますので、お気軽にご相談下さい🤗