月別アーカイブ: 2020年10月

iTero(口腔内スキャナー)✨

iTero✨
こちらは度々出ている口腔内スキャナーのiTeroです❣️
この装置でお口の中をスキャンする事ができます。
この機械でなにが出来るかと言うと、スキャンする事で被せ物を作ったり、精度の高いマウスピース矯正用のマウスピースを作る事が出来ます✨
従来の型取りに比べ、患者さんの負担も少なく、型取りのムラがないためマウスピースの適合が高い事が挙げられます👀
次の動画は被せ物を作るためにスキャンした動画です🎥
そして、最後の写真は被せ物をセットした所です🤗
いかがですか?綺麗で被せ物もピッタリ❣️デジタル技術の進化は凄いですね❗️
当院ではインビザラインのマウスピース矯正に活用もしております🙂
無料相談も行っておりますので、お気軽にご相談ください❗️

アライナー矯正(インビザライン)✨

マウスピース矯正(インビザライン)✨
のシュミレーション(クリンチェック)の動画です👀
これはiTeroによる口腔内スキャナーでスキャンを行い、こちらで顔写真、セファロ分析から歯列不正が歯の傾きによるものなのか、骨格によるものなのか、どの様な移動をさせるのかを分析して診断した事を、指示してシュミレーションを作っていただきます。
動画の様に歯を動かしていきます。その過程でいくつもの模型を作成し、それに合ったマウスピースを作り、1日20時間以上装着していただく事で矯正します🦷
移動のチェックをし、移動順序等様々な修正を行い、アライナー(マウスピース)が出来上がります。
歯の移動は1枚あたり0.25mmの移動なので
、移動量によって枚数と期間が変わります。
今はデジタルの進化により、マウスピース矯正でほとんどの症例で治療が可能です❗️
気になる方は無料矯正相談もおこなっていますので、お気軽にご相談下さい🤗

音波ハブラシってどうなの?🦷🌟

近年、音波ハブラシ(電動歯ブラシ)はセルフケアとして注目されるようになっています。浸透率として海外では特にヨーロッパが総じて高く、約40%にも上ります。一方で、日本は5%前後とまだ浸透率が低いです。今回は音波ハブラシについてご紹介します。

音波ハブラシのメリット

⚫︎普通のハブラシよりも短時間で歯垢が取れる

⚫︎自分で小刻みに振動させる難しい操作をしなくてよい

⚫︎ブラシを付け替えることでさまざまな部位(舌や歯の間など)磨ける

◯デメリット

⚫︎高価である

⚫︎大きく重量があるので疲れやすい

⚫︎高齢者などによっては取り扱いが困難な場合がある

⚫︎慣れていないと振動が不快に感じたりする

◯向いている人

⚫︎普通の歯ブラシをうまく使えない

⚫︎歯ブラシが面倒

⚫︎ブラッシング圧が強い

⚫︎ワイヤー矯正中

⚫︎麻痺などで細かい操作が難しい方

⚫︎自分ではブラッシングができず介助が必要な方

❓音波ブラシと普通の歯ブラシだとどちらが綺麗に磨ける❓

→音波ブラシと普通の歯ブラシの歯垢除去率を比較したところ、どちらも除去率は同じでした。

❓普通の歯ブラシで上手に磨けないなら音波ブラシを使ってもダメ❓

→普通の歯ブラシで綺麗に磨けない人(手用低レベル)と上手に磨ける人(手用高レベル)が2種類の音波ブラシでの歯垢除去率を比べると普通の歯ブラシの技術とはあまり関係なく同じような値を示しました。ですので、音波ブラシは誰でも磨きやすいと言えます。

❓音波ブラシは動かした方がきれいに磨ける❓

→動かしても動かさなくても歯垢除去率にあまり違いはないです。

❓ブラシのヘッドの大きさは大きい方がよく磨ける❓

→大きいヘッドの方が2分間という短時間で比べると歯垢除去率はやや高いですが、4分間で比べると小さいヘッドの除去率が一番高いです。奥歯のほっぺた側の面など、歯ブラシが届きにくいところまで到達することができるので小さいヘッドがおすすめです。