月別アーカイブ: 2020年9月

インプラントのGBR(骨造成法)✨

GBR(骨造成法)✨
インプラント治療で骨を再生させる治療です🦷
インプラントをする為には土台となる骨が必要です🦴ただ、歯周病等で歯が残せなくて抜いているので、残念ながらしっかりとした骨がない事が殆どです。
その時に必要になるのがGBRです❗️
白いのがインプラントでマークした部分が、骨を再生させた部分です🦴
下のが実際の写真で、骨を追加して、メンブレンという膜をピンでしっかり固定する事により、3〜6ヶ月で成熟した骨になります✨
当院はインプラント治療に自信があります😄
他院で断られた方、しっかり治療した方、無料相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい🙂

口腔内スキャナー✨インプラント

口腔内スキャナー✨
歯科にもデジタル化がかなり進んでます📹この動画はお口の中を”口腔内スキャナー”と呼ばれる機械で3次元の撮影をしたところです。
歯科医院で被せ物を作った事のある方は、歯形を特殊な材料でとって気持ち悪い覚えをした方も多いのではないでしょうか?
口腔内スキャナーを使えば、もっと早く患者さんも楽に型をとる事が出来ます😄
動画を見るとピンが立ってると思いますが、これをインプラントにつけて撮影して、技工所(被せ物とかを作ってくれる所)にデータだけ送ると、模型を作って、インプラントの被せ物を作ってくれます❗️
とても簡単で、精度も高い物が作れる時代になりました🦷
最後は被せ物をつけた写真です🦷インプラントの被歯を削る事なく歯を入れる事ができました。これでしっかり噛めます🦷

当院は最新の機材を用いて、しっかりと治療を行ってます。何かあればお気軽にご相談下さい🙂

マイクロスコープ✨

マイクロスコープ❗️❓
口の中を覗く顕微鏡です。これを使うのと使わないのと何が違うかと言うと、当たり前ですが、良く見ることが出来ます✨
写真は上の奥歯の根管治療で、マイクロスコープの写真です。
これは明るい光を当てて、約20倍に拡大している状態です。裸眼では矢印の部分は見えません。。
この矢印の部分に隠れた(以前の治療で見逃した)神経の管(根管)がありました。
ここをマイクロスコープを覗きながら綺麗にしていきました。
この日の次に来院した時には痛みが取れ、喜んでいました😄
この様にマイクロスコープは細かい根管治療を行う上で、治療の精度を上げることが出来、より歯を残し易くなります❗️
気になる事があればお気軽にご相談下さい🏥

セラミックインレー✨

セラミックインレー✨
インレーとは部分的な詰め物です。削った部分には深い虫歯のところにお薬を詰めて、症状が無いことを確認して、型取り、セットとなります😄
当院のセラミックインレーは写真を撮り、周りの歯に合わせて、一流の技工士さんがオーダーメイドで制作します💡
その為、セットしても詰めているか普通には分かりません✨
セラミックは汚れもつきにくく、接着剤により歯としっかりくっつくので、保険の金属に比べて、見た目や機能面でも優れています❗️
しっかりとした治療を心がけてますので、お気軽にご相談ください😄ネット予約で無料の被せ物相談もしております☺️