摂食嚥下

コンセプト

食べることは生きること。
病気や高齢になり、のみこみの機能(摂食嚥下機能)が低下すると、栄養状態が悪くなり、ひどくなると誤嚥性肺炎をおこすこともあります。 何よりもお食事の楽しみを失ってしまいます。
お食事に困っている方たちに対して、お食事のアドバイスやリハビリテーションを通して、おいしくお食事ができるようサポートをしたいと考えています。

摂食嚥下とは

まず、私達は食べ物を認識し、食べ物をお口に入れて咀嚼(かむ)します。
咀嚼された食べ物は、舌によってのどに送り込まれ、嚥下がおきます。
嚥下された食べ物は、食道、胃へ通過し消化されます。

のみこみの過程で、何かしらの問題が起きると、摂食嚥下障害がおきます。
原因は、お口(舌や頬、口唇)やのどの機能が低下している場合もあれば、嚥下を指令する脳や神経の方の影響が原因の
場合など様々あります。

摂食嚥下障害の症状

  • 食事時間が長くなった
  • 食べ物が、口やのどに逆流するときがある
  • 食べこぼす
  • 口の中に食べ物が残る
  • 痰が出る
  • 声が変わった(ガラガラ声や鼻にぬける声)
  • 飲み込み辛い
  • 食事量が減った
  • むせる
  • のどに食べ物が残っている気がする
  • 食事中に、のどがゴロゴロしている

摂食嚥下障害の原因となる疾患

  • 口やのど、消化管の手術を受けた方
  • 脳卒中の疾患がるかた
  • 筋・神経疾患 (パーキンソン病、ALS、脊髄小脳変性症など)の疾患がある方
  • 脳性麻痺、発達遅滞のお子さん

診察の流れ

1.問診

困っていること、お食事の様子などのお話を伺います。

2.お口の機能の検査(舌、頬、口唇の動き)、お食事の観察

困っていること、お食事の様子などのお話を伺います。

3.スクリーニング検査

困っていること、お食事の様子などのお話を伺います。

4.嚥下内視鏡検査

必要と判断された場合に行います。 普段のお食事を食べてもらいながら、嚥下内視鏡を用いて検査を行います。
のどや食べ物の動きを実際にモニターでみることができるので、わかりやすく効果的な検査です。

嚥下内視鏡検査

5.嚥下造影検査

検査が必要な場合は、近隣の病院を紹介いたします。

6.リハビリテーション

お食事の状況や検査から、食事指導やリハビリテーションを行います。

  • 食事指導・・・安全に食べることができるように、 お食事の形、水分の摂取方法、食事の姿勢などを説明いたします。
  • 栄養指導・・・摂食嚥下障害による低栄養を防ぐために、栄養指導も行います。
  • 摂食嚥下訓練・・・嚥下障害の状態に合わせ、食べ物を使わない訓練(間接訓練)と食べ物を使った訓練(直接訓練)を行います。訓練の期間や頻度は、その方に合わせて行います。