インプラント

インプラントとは

DSC_5551_a

虫歯や歯周病、また外傷などの原因で歯が失われた部位にインプラントを埋め、そのインプラントに人工の被せ物や義歯を付ける治療方法がインプラント治療です。インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。インプラントは、天然の歯と同じような噛み心地と、外見を回復します。

入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯

残っている歯に針金をかけて失った歯を補う方法で、取り外し式です。針金が見えてしまったり、小数の欠損でも支持部が必要なので異物感がでてしまいます。また、取り外す回数により健康な歯に傷ができることさえあります。全ての歯を失ってしまった場合は、歯茎で人工の歯を支えることになります。顎の骨が退化している場合は安定が悪くなります。人により異物感がひどくあり、嘔吐反応がでる場合があります。

ブリッジ

ブリッジとは、歯を失ってしまった箇所を補うために両隣の歯を一回りずつ削り、歯を失ってしまった箇所に取り外しのできない入れ歯を入れる方法です。この治療法には保険が適用されます。ただ周囲の健康な歯を削る必要があります。また、食べかすが詰まってしまい歯槽膿漏や虫歯の原因になる可能性もあります。保険内でのブリッジの場合、笑うと銀歯が見えることもあります。費用をかけることにより、見た目に美しく仕上げることも可能です。

インプラントブリッジ義歯(入れ歯)
特徴
  • 健康な歯を削る必要がない。
  • 外見上も不自然さがない。
  • インプラント(埋め込み)なのでしっかり固定され、他の歯に負担をかけない。
  • 咬む力もあり天然の歯と変わらない食感を楽しめる。
  • 咬み合わせが良く、顎の骨が痩せるのを防ぐ。
  • 失った歯の本数が少ない場合によく使われる方法。
  • 取り外し式の部分入れ歯に比べれば、安定している。
  • 咬む力も回復できる。
  • ブリッジは人工歯を支える健康な歯に負担をかける。
  • ブリッジを支える健康な歯を削らなければならない。
<部分入れ歯>
  • 取り外しができる。
  • ブリッジのように健康な歯を削らずにすむというメリットがある。
  • 不安定なため咬む力は弱くなる。
  • 違和感がある場合が多い。
<総入れ歯>
  • 部分入れ歯よりも、さらに安定が悪くなる。
  • 歯茎全体で入れ歯を支える形になり、咬む力もかなり弱くなる。
  • 食べ物の咬み心地が分からないため食べる楽しが失われる。
  • 顎の骨がやせて合わなくなると作り直す必要がある。
費用
  • 保険は適用されない。
  • 費用は、見た目の良い入れ歯やブリッジと同程度。
※治療本数、部位などによって費用は多少異なります。
ご質問やご相談はお気軽に。
  • 保険適用されるものもある。
  • 保険適用されるものもある。

当院のインプラント(設備・症例写真・費用)

設備

CT撮影機マイクロスコープ

当院では完全個室の診療室を設け、インプラント治療に必要な最新のCT撮影機を完備しております。このCT撮影機では歯や骨、神経、血管等を三次元的に診る事が出来、正確な距離も測ることが出来ます。
歯が残せるのかどうかや根っこの治療の診断にも使う事が出来ます。インプラント治療では、この機械を用いて安全に治療を受けていただけます。

症例写真

症例写真 症例写真

左の写真でインプラントが入っていることが確認できます。周りの歯茎も腫れていたり、炎症を起こしていません。右はセラミックの被せ物をセットしたところになります。外から見てもインプラントが入っている事は分らないと思います。
この様にインプラントを入れることにより、失くなってしまった歯の代わりとすることが出来ます。
もちろん、ご自身の歯の方がいいですが、ブリッジや、入れ歯と比較すると、見た目はより自然でしっかり噛める様になります。

インプラント治療により審美的な改善をした症例

症例写真

初診時:歯の根が溶けていて、右上の前歯の歯が残せない状態です。
前歯の審美的な不良も認めます。

症例写真

治療途中:抜歯後、周りの歯茎が痩せ、骨も減っています。
精密検査のためCT撮影を行いインプラントの治療計画を行います。

症例写真 症例写真

治療終了後:抜歯をした所に骨を再生させ、インプラントをしています。その他の歯はオールセラミックにより審美的な治療を行いました。
機能的、審美的にも患者さんも大変満足されていました。

全体的に歯が無くなってしまった方にインプラント治療+矯正治療を行い、噛み合わせを回復した症例

症例写真症例写真

初診時:全体的に虫歯が進行しており、噛めないので治して欲しいと来院。

症例写真

治療開始前:まずは治療経過をたてて、今後の方針について患者さんと話し合います。
上の写真のような治療の最終の状態と予測した模型を作製し、治療計画や治療経過の確認に役立てます。

症例写真

治療途中:治療開始前の治療計画のもと、歯ないところにはインプラントを埋入し、噛めるように回復しました。またなるべくご自身の歯で噛める様に矯正治療も位置の改善も行いました。矯正治療も院長が行っております。

症例写真

治療終了時:しっかり噛め、見た目も改善しました。この様な治療を行うことにより、長期的に長くしっかり噛める様になります。また、歯を治すことによって、顔の表情もかなり変化し若返って見えます。治療期間は2年半とかかりましたが、患者さんは大変満足されていました。

入れ歯・ブリッジとの違い

費用

費用

これは1本歯を失ったところに、1本インプラントを入れた時の費用になります。これ以外に治療費は一切かかりません。ただこれは一例であり、インプラントには様々な治療方法があります。骨のボリュームを増やしたり、インプラントを支えにした、安定した入れ歯を作製したり、患者様によってお口の中は様々です。電話やメールでもご相談を受けています、お気軽にご連絡ください。

症例集

症例1

主訴

右上の歯が割れてしまい当院に来院されました。

治療説明

治療方法はブリッジ(両隣の歯を削って3本連続の被せ物にする治療)とインプラント治療の2つがあり、メリット、デメリットを提示したところ両隣の歯を削りたく無いとの事でインプラント治療を行いました。

治療費

40万・TAX(内訳オペ代5万円・インプラント本体15万・ソケットリフト5万・アバットメント5万・被せ物(メタル・セラミック)10万)

治療期間

9ヶ月

治療経過

抜歯後骨の治癒を6ヶ月待ち、インプラント埋入とソケットリフト(上顎の臼歯部では上顎洞という空洞が近く骨の量が足らない場合、粘膜を持ち上げ骨を造るオペ)を行い、その後仮歯を作成し、問題がなかった為3ヶ月後最終補綴物をセットしました。

歯を削ると一番外側の層であるエナメル質を削ることになります。このエナメル質は虫歯になりにくい為、この層を守ることは歯の寿命を削る事になります。

この様に両側の歯が削られていない場合はインプラントが第一選択になると考えております。実際患者さんも、治療期間はかかりましたが、結果として見た目や噛み応えに関して満足していました。今後メンテナンスで長期にわたって維持していく予定です。

治療前
治療後
インプラント埋入時
アバットメント装着時
治療前:レントゲン
埋入後:レントゲン

症例2

主訴

左下奥歯に歯がないのを相談したい

治療説明

歯が欠損していると、その他の歯の移動がおこり噛み合わせが変化する事により、様々な問題が生じる為入れ歯かインプラントを説明し、年齢も若く見た目の問題からインプラントを選択されました。

費用

65万・TAX(内訳オペ代5万円・インプラント本体15万×2・アバットメント5万×2・被せ物(セラミック)10万×2)

治療期間

3ヶ月

治療経過

CTを撮影し、インプラントを埋入しました。インプラントの周囲の骨の状況は良かったのですが、インプラントとしっかり骨がくっつく3ヶ月待ち最終的な被せ物を装着しました。

治療前
治療後
治療前
治療後

症例3

主訴

前歯が腫れる。見た目も改善したい。

治療説明

実際に患者様の症状をレントゲンで確認をすると、右上の前歯には根の部分に問題があり、抜歯をする必要がありました。

患者様と治療について再度カウンセリングを行ったところ、前歯は見た目をキレイにするために審美性の高いオールセラミッククラウンを入れ、抜歯をする部分はインプラント治療することを希望されました。

費用

99万+TAX(オペ代5万被せ物13万アバットメント7万インプラント本体15万ノーベルガイド15万GBR5万その他の被せ物13万×3)

治療期間

1年

治療経過

治療では前歯を抜歯し、抜いた部分が凹むため人工骨を用いて再生医療法を行い、インプラントを埋入しました。この際、インプラントを正確な位置に入れるためにノーベルガイド(CTでシミュレーションを行った通りにインプラントを入れることの出来る器具)を用いました。

そのため手術時間も短く正確な位置に入れることに成功し、見た目もきれいに回復しました。

実際、患者様は前歯の抜歯には不安を感じたようでしたが、骨を作り、正しい位置にインプラントを埋入し、仕上がりのきれいなオールセラミッククラウンを被せた事により、元の状態よりも回復し、メンテナンスにもしっかりと通って頂いております。

患者様もより一層、歯を大切にされるようになりました。

治療前
治療中
治療後
治療前
治療後

症例4

主訴

左下の奥歯が痛い

治療説明

レントゲンを撮影し、歯周病等の検査を行うと、左下の奥歯が割れており抜歯が必要と診断しました。左上との噛み合わせを考えると左下に歯が必要だと説明しました。

患者さんはインプラント治療を希望されたので、抜歯後3ヶ月(抜歯前の状態が良くなかった為、骨の再生に時間がかかりました)待ちインプラントを行いました。

費用

40万・TAX(内訳オペ代5万円・インプラント本体15万・ソケットリフト5万・アバットメント5万・被せ物(セラミッククラウン)10万)

治療期間

8ヶ月

治療経過

インプラントを計画していた為、抜歯したところにはソケットリフト(抜歯時に骨が痩せないように人工の骨を置きその上に膜などで被覆する処置)を行いました。

その後インプラントを埋入し、仮歯を作製し、問題がないことを確認しセラミックの被せ物をセットしました。患者さんは噛み心地も問題はなく、満足されました。

治療前
治療後
治療前:レントゲン
治療後:レントゲン
左下:レントゲン
歯根破折

症例5

初診時:歯の根が溶けていて、右上の前歯の歯が残せない状態です。 前歯の審美的な不良も認めます。

治療途中:抜歯後、周りの歯茎が痩せ、骨も減っています。 精密検査のためCT撮影を行いインプラントの治療計画を行います。

インプラント計画時

インプラント埋入時(赤丸の所が骨が増えている所です)

治療終了後:抜歯をした所に骨を再生させ、インプラントをしています。その他の歯はオールセラミックにより審美的な治療を行いました。 機能的、審美的にも患者さんも大変満足されていました。

症例6:インプラント+矯正治療

初診時:全体的に虫歯が進行しており、噛めないので治して欲しいと来院。

治療開始前:まずは治療経過をたてて、今後の方針について患者さんと話し合います。
上の写真のような治療の最終の状態と予測した模型を作製し、治療計画や治療経過の確認に役立てます。

治療途中:治療開始前の治療計画のもと、歯ないところにはインプラントを埋入し、噛めるように回復しました。
またなるべくご自身の歯で噛める様に矯正治療も位置の改善も行いました。矯正治療も院長が行っております。

治療終了時:しっかり噛め、見た目も改善しました。この様な治療を行うことにより、長期的に長くしっかり噛める様になります。また、歯を治すことによって、顔の表情もかなり変化し若返って見えます。治療期間は2年半とかかりましたが、患者さんは大変満足されていました。