インプラント

インプラント治療とは

虫歯や歯周病、また外傷などの原因で歯が失われた部位にインプラントを埋め、そのインプラントに人工の被せ物や義歯を付ける治療方法がインプラント治療です。インプラント治療は1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで、適用できる治療方法です。インプラントは、天然の歯と同じような噛み心地と、外見を回復します。

症例写真
症例写真

こちらがインプラント治療になります。 周りの歯茎も腫れていたり、炎症を起こしていません。右はセラミックの被せ物をセットしたところになります。外から見てもインプラントが入っている事は分らないと思います。
この様にインプラントを入れることにより、失くなってしまった歯の代わりとすることが出来ます。
もちろん、ご自身の歯の方がいいですが、ブリッジや、入れ歯と比較すると、見た目はより自然でしっかり噛める様になります。

入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯

残っている歯に針金をかけて失った歯を補う方法で、取り外し式です。針金が見えてしまったり、小数の欠損でも支持部が必要なので異物感がでてしまいます。また、取り外す回数により健康な歯に傷ができることさえあります。全ての歯を失ってしまった場合は、歯茎で人工の歯を支えることになります。顎の骨が退化している場合は安定が悪くなります。人により異物感がひどくあり、嘔吐反応がでる場合があります。

ブリッジ

ブリッジとは、歯を失ってしまった箇所を補うために両隣の歯を一回りずつ削り、歯を失ってしまった箇所に取り外しのできない入れ歯を入れる方法です。この治療法には保険が適用されます。ただ周囲の健康な歯を削る必要があります。また、食べかすが詰まってしまい歯槽膿漏や虫歯の原因になる可能性もあります。保険内でのブリッジの場合、笑うと銀歯が見えることもあります。費用をかけることにより、見た目に美しく仕上げることも可能です。

インプラントブリッジ義歯(入れ歯)
特徴
  • 健康な歯を削る必要がない。
  • 外見上も不自然さがない。
  • インプラント(埋め込み)なのでしっかり固定され、他の歯に負担をかけない。
  • 咬む力もあり天然の歯と変わらない食感を楽しめる。
  • 咬み合わせが良く、顎の骨が痩せるのを防ぐ。
  • 失った歯の本数が少ない場合によく使われる方法。
  • 取り外し式の部分入れ歯に比べれば、安定している。
  • 咬む力も回復できる。
  • ブリッジは人工歯を支える健康な歯に負担をかける。
  • ブリッジを支える健康な歯を削らなければならない。
<部分入れ歯>
  • 取り外しができる。
  • ブリッジのように健康な歯を削らずにすむというメリットがある。
  • 不安定なため咬む力は弱くなる。
  • 違和感がある場合が多い。
<総入れ歯>
  • 部分入れ歯よりも、さらに安定が悪くなる。
  • 歯茎全体で入れ歯を支える形になり、咬む力もかなり弱くなる。
  • 食べ物の咬み心地が分からないため食べる楽しが失われる。
  • 顎の骨がやせて合わなくなると作り直す必要がある。
費用
  • 保険は適用されない。
  • 費用は、見た目の良い入れ歯やブリッジと同程度。
※治療本数、部位などによって費用は多少異なります。
ご質問やご相談はお気軽に。
  • 保険適用されるものもある。
  • 保険適用されるものもある。

当院のインプラント治療について

  1. 使用メーカー
  2. 設備
  3. 技術の高さと保証
  4. 症例別ケースと費用

①使用メーカー

Nobel Giocare(スウェーデン)

インプラントメーカーの会社では歴史が古いメーカーで、世界トップレベルのインプラントシェアを誇ります。 様々な最先端技術を使いインプラントが長期安定するための、インプラントやパーツを作り出しており、安心してインプラント治療を受けていただける、メーカーです。

GC(日本)

日本人のために日本の大手歯科メーカーが開発したインプラントであり、継続した供給に信頼性があること。製造も日本で行なっているため品質管理がしっかりしています。

当院ではインプラントは10年保証を行なっております。その為両メーカー共に信頼の出来るインプラント メーカーのインプラントを使用しております。

②設備

当院では完全個室の診療室を設け、インプラント治療に必要な最新のCT撮影機を完備しております。このCT撮影機では歯や骨、神経、血管等を三次元的に診る事が出来、正確な距離も測ることが出来ます。
歯が残せるのかどうかや根っこの治療の診断にも使う事が出来ます。インプラント治療では、この機械を用いて安全に治療を受けていただけます。

CT撮影機
マイクロスコープ

1.消毒・滅菌

当院の滅菌感染症対策はこちらから

2.CT

インプラント治療にはCTによる3次元的な診断が必須。安心、安全なインプラント治療を行います。

3.サージカルテンプレート(ノーベルガイド)

ガイデッドサージェリーは、CTスキャンで撮影した画像データをもとにコンピューター上でインプラントの手術のシミュレーションを行なうことで治療計画を立て、その治療計画通りに正確に行われる手術のこと、またはそのシステムのことをいいます。 専用のコンピューターソフトを使ったシミュレーションでは、インプラントを埋め込む適切な位置や角度、深さを診断することができます。そして、そのシミュレーションのデータをもとに手術用のテンプレートを作製し、患者さまの歯肉に装着することで、的確な位置と角度でインプラントを埋め込むことが可能となります。 当院のガイデッドサージェリーでは、世界中で治療実績を持つノーベルガイドのシステムを導入しています

特徴

4.CGF・AFGによる再生治療

自分の血液の成分を遠心分離機で取り出して、傷の治りを促すシステム、再生治療システム

CGFとは

当院では、歯周病治療やインプラント治療、歯の抜歯等の外科処置において、疼痛抑制と術後の治癒促進の効果のあるCGF(Concentrated Growth Factor)再生療法を導入しております。

怪我をして出血した時、血液中のフィブリンという物質が出血部位に集まり、止血と傷口を治します。CGFとは、患者さんの血液をメディフュージ(右の写真)で遠心分離させて人工的にフィブリンを集め、ゲル状にしたものをCGF(Concentrated Growth Factors)と言います。CGFには傷口を治すために必要な自己血由来の成長因子や血小板などを多く含まれており、創傷の治癒を促進させる効果があります。

特徴

5.最新の治療ユニット(イオムアクア)

すべての安心と満足、そして信頼のために、患者さまと先生方の視点から生まれた歯科用ユニット。銀イオン配合の過酸化水素水を使った専用の洗浄液で水回路を消毒。患者さんに届くお水は衛生的。

6.カウンセリングルーム

現状の口腔内写真や模型などを元に丁寧に治療説明を致します。

7.術前・術後のリカバリールーム

貴重品や衣類などを置ける鍵付きのロッカーをご用意しておりますので、治療が始まるまでこちらでおくつろぎ下さい。また、治療前後のご説明などをこちらで行います。お連れの方がおりましたら、こちらでお待ち頂けます。

8.インプラント専用オペ室

清潔な広いインプラント専用オペ室をご用意しております。無影灯がある事により、術部を明るく照らし処置が行いやすくなっており、オペ動画も撮れる様になっております。モニターが3台あり、レントゲン、CT、口腔内写真などを映しだすことができます。ガラスは瞬間調光ガラスになっており、オペ時は曇りガラ スになります。歯科医師向けのセミナールームとしても利用しております。

③技術の高さと保証

院長はこれまで海外や国内の学会、セミナーに多数参加し、2018年にはIDIA(国際口腔インプラント学会)の専門医を取得して、高度な技術を身につけてきました。より自然に審美的に、より快適で長持ちするインプラントを追求しております。特に難しいとさされる前歯部や骨の再生なども得意としております。その為、インプラントは当院でメンテナンスを受けられている方には10年保証しております。

審美インプラント

ソケットリフト・サイナスリフト

上の奥歯を抜いた後に、骨が薄くなり、インプラントを支える骨がない場合に、サイナス(上顎洞)の粘膜を持ち上げ(リフト)人工の骨を入れ再生させる術式

GBR

骨の再生治療になります。抜歯した後は骨が痩せてしまうので、人工の骨やメンブレンと呼ばれる膜を用いて骨のボリュームを回復する事によりインプラントを安定させます。

④症例別ケースと費用

少数歯欠損

1本、2本のインプラントを入れた症例

多数歯欠損

インプラントを数本入れて見た目と機能を回復した症例

骨再生(GBR)

骨がない患者さんの再生治療を行った症例

前歯審美

前歯を綺麗にインプラントで治療した症例

サイナスリフト、ソケットリフト

奥歯で骨がなく上顎洞を挙上してインプラントを入れた症例

All-on4

インプラントを4本もしくは6本入れる事で即時で噛める様にする治療

インプラントフルブリッジ

インプラントを数本入れて入れ歯ではなくインプラントのブリッジで治療した症例

オーバーデンチャー

入れ歯をインプラントを数本入れて安定させた症例

治療動画

インプラント埋入オペ(臼歯1本)

サイナスリフト