歯の根の治療(術前、術後)

歯の根の治療(術前、術後)

 本日の治療です。

根管治療(歯の根の治療)を行いました。赤丸の所の歯の根っこの先が黒くなっています。これは、根の先に細菌が繁殖をして炎症を起こし、周りの骨を溶かしている状態です。この様な状態になると、噛んだときに浮いた様な感じがしたり、場合によってはズキズキと強い痛みがでる時があります。

今回は症状がありませんでしたが、明らかな治療不十分の為、再治療する事になりました。最終的な根のお薬がしっかり入っていなく、そこに細菌が繁殖するスペースが存在しているために根の先に病気が発生します。

0

0-crop

根の治療を行う上で、一番大切な、ラバーダム防湿(歯のマスク)を行い、中を消毒した後に最終的なお薬を入れました。このマスクをする事により、唾液の中の細菌を中に入れずに衛生的に治療が行え、治療の成功率も上がります。

(下の写真はラバーダム防湿をしている所の写真。別の方の写真)

 

DSC00030

1

レントゲンで、最終的なお薬がしっかり根の先に入っている事が確認できました。

この様に治療をしっかり行えれば、自然と小さくなっていきます。

2回の診療で終わりました。

根の治療は、歯を残す上でとても大切な治療です。

保険内でもしっかりと根の治療を行いますので、気になる方はご連絡ください。また、難しい治療や、マイクロスコープを使った保険外での根の治療も行っております。

 

No Comments Yet.

Leave a comment