Category Archives: 歯科衛生士通信

歯の質はどう決まる?

身体の中で一番硬いと言われる歯。それはいつ作られ、どのような因子で歯の質が決まるのでしょうか。今回は歯の質について紹介します。

🦷歯はどのようにできる?🦷

実はお母さんのお腹にいるころから歯は作られています。 ●妊娠2ヶ月:将来の乳歯、上顎、下顎、舌になる部分が形成され始める。 ●妊娠3〜4ヶ月:下顎の粘膜が分厚くなって、なんとなく歯のように見える形態になる。そしてエナメル質と象牙質を作る細胞が現れる。将来の永久歯(一部)になる部分も形成され始める。 ●妊娠4〜6ヶ月:エナメル質と象牙質が石灰化していき歯冠(歯茎から出ている部分)が完成してくる。 ●出生時〜:将来の永久歯が石灰化し始める。 ●3歳〜小学校低学年:永久歯の歯冠が完成してくる。 妊娠がわかった頃にはもう歯の芽は出来始めているということですね。

🦷歯の質に異常があると🦷

上記のように、妊娠3〜4ヶ月に現れるエナメル質と象牙質を作る細胞が母親から供給されるカルシウムやリンを使い歯を作ります。その細胞に異常が起きると正常な歯を作れません。また、この時期に母親がテトラサイクリンの抗菌薬を服用すると変色歯となってしまいます。 歯の芽が作られている時の異常は「矮小歯」「癒合歯」、歯の質を作るときの異常は「エナメル質形成不全」「象牙質形成不全」「斑状歯」「変色歯」が出来てしまいます。

🦷強い質の歯を作るには🦷

妊娠初期から小学校低学年くらいまでが歯が作られる期間なので、永久歯の歯冠が作られる乳幼児期から小学校低学年までは“歯の質”を決定するとても大事な時期です。 この時期にカルシウムやリンなどをきちんと摂取すれば強い歯を作ることができると言えます。

🦷歯が生えた後は🦷

生えたばかりの乳歯や永久歯は石灰度が低く、奥歯の噛む面がまだすり減っていないため汚れが溜まりやすく虫歯になりやすいです。更に乳歯は永久歯よりもエナメル質の厚さが半分でもっと虫歯になりやすいです。 そのため定期的に検診を受けてフッ素を塗ることが大切となります。...
Read more

ベロの正しいスポット

舌には正しいポジションがあることをご存知ですか?口を閉じてなにも意識しない状態で舌の先が"スポット"とよばれる場所に位置しているのが正しいポジションです。スポットは上アゴにあり、上の前歯から舌先でたどっていったときに最初にボコッと出っ張っているところです。

👅"スポット"に舌がつかない原因

舌先が本来あるべきスポットではなく、そこよりも前の位置に出て前歯に触れてしまう状態がくせになっている 舌をアゴに押し付ける筋肉や、口を閉じるための口輪筋が弱い 舌小帯(口を開けて舌を持ち上げた時に見える舌と下顎をつないでいる筋)が短い

👅舌の位置が悪いと引き起こる4つのこと

①歯並びが悪くなる ②口呼吸になりさまざまな障害が出る(お口の中の乾燥により歯周病や口臭が強くなったりウイルスが侵入しやすくなる) ③滑舌が悪くなる ④フェイスラインの崩れ

👅癖のついた舌を正しい位置にする3つの方法

①舌の筋力トレーニング【あいうべ体操】:口を大きく開けて「あ、い、う」と発声し最後に「ベー」と舌を思い切り突き出す。大げさなくらい口を動かすこと ②日常生活の中で意識して舌を正しい位置に保つ ③歯科の矯正器具をつかう

👅正しい位置になおすとこんな効果が!

*口周りの筋肉が鍛えられる、今までたるんでいた顔の贅肉が持ち上がり小顔効果が期待できる! *口呼吸が難しくなるため鼻呼吸ができるようになる 舌の位置が間違ったスポットに在り続けるとさまざまな弊害が起きてしまいます。舌の正しい位置を見つけてお口の中から健康になりましょう(^^)...
Read more

妊娠中のママたちに知ってほしいこと

🐥妊娠中のお口の中の変化

*女性ホルモンが10〜1000倍増えるので妊娠性歯肉炎などになりやすい。(歯周病菌が女性ホルモンを栄養とするため) *歯周病にかかっていると早産や低体重児出産のリスクが5〜7倍あると言われている。(歯周病の炎症により子宮を収縮させる物質が増加するため) *唾液の分泌量が減り、粘着性が高くなり自浄作用が低下する。 *つわりに伴う嘔吐や嗜好の変化によりお口の中が歯の溶ける酸性に傾くため虫歯になりやすい。 *子宮に胃が圧迫され一回の食事量が減るため、間食の回数が増えお口の中の環境が悪化しやすい。

🐥妊娠中のセルフケア

*つわりで磨けない場合、下を向いて前かがみになり唾液をお口の中にだないようにし小さめのハブラシで磨く。子供用ハブラシやワンタフトブラシなど。 *歯磨き粉は匂いや味の少ないものにする、もしくは使わなくてもよい。 *歯磨きがどうしても困難な場合、食後すぐに強めのブクブクうがいをし、食べかすなどが残らないようにする。 *シュガーレスのキシリトール100%ガムを食べる。

🐥妊娠中の歯科治療

妊娠中期16〜27週は安定した時期であるので一般的な治療を行える。 *レントゲンは撮影部位と子宮の距離が離れており腹部には防護エプロンを着用するので胎児への放射線の影響は無視できると考えられている。 ※日本で1年間に浴びる自然放射線量は1.5mSvで、お口の全体のレントゲン1枚は0.03mSvなので50分の1です。ほとんど問題ないと言われています。 *麻酔はほぼ問題なく使用可能と言われていて、むしろ痛みを我慢するストレスのほうがはるかに悪影響を及ぼす。

👶赤ちゃんを虫歯菌から守ろう

虫歯菌(ミュータンス連鎖球菌)は保護者の唾液を介して乳幼児にうつります。これらを防ぐためには奥歯が生え始める生後19〜31ヶ月に食べ物の口移しをしないこと、保護者の虫歯菌を減らすことです。減らすには虫歯の治療やクリーニングが必要です。※大人が使った箸やスプーンも使わないようにしましょう。

👄虫歯になってしまったら、、

初期虫歯であれば早期診断、早期再石灰化治療で治ります。当院では虫歯の早期診断、歯科衛生士による専門的なクリーニング、そしてフッ化物での再石灰化治療を行っております。...
Read more

身長が歯に関係?!

身長が歯の本数に関係があると考えたことはありますか?身長と歯科の関連を調査した研究が海外では行われているそうなので、少しご紹介します!

🦒身長の低い人ほど虫歯になる?

食生活の乱れや栄養状態の不良が、低身長や虫歯のリスクを高めるとされているからだそうです。さらに低栄養状態は唾液の量や質を変化させ、より虫歯になりやすくなると考えられています。

🐿身長の低い人ほど歯周病になる?

感染症を起こしやすい人は、身体の成長が遅れがちになり、感染症である歯周病にもかかりやすいからだといいます。 、、、と、このような研究結果が海外では出ていますが、身長が低いから歯を簡単に失う💦身長が高いから安心🌟というわけではありません。日頃のしっかりとしたブラッシングや定期検診を受けることが歯を残すことにつながります!...
Read more