Category Archives: 日々の症例ブログ

奥歯は虫歯になりやすい😢 ハイブリッドインレーで治療🎵

奥歯が虫歯になっていた患者様、、 上の一番奥の歯は歯ブラシがとどきにくく上手に磨くことが難しい場所です。磨くコツは口を閉じてコンパクトな歯ブラシで歯を磨く事!口を開けていると奥まで歯ブラシが届かないので注意して下さい。 虫歯の部分を削り、しっかりと綺麗な被せ物の型が取れるように、歯茎の処置もいたしました。 きれいに形を整え型取りします。 被せ物を患者様に選んでいただきます。 保険の銀歯に比べアレルギーも少なく、接着材としっかりくっつくため虫歯になりにくいハイブリットインレー自費治療(プラスチックとセラミックスの混合1本3万円)の被せ物を選んでいただきました。 とってもキレイ✨とても自然✨です。見えない部分ですが、虫歯予防という点から奥歯もしっかり治療できました。 何かあればお気軽にご相談ください。 荻窪ツイン歯科医院 一同...
Read more

どちらが本物?被せ物?

どの歯が被せ物だと思いますか? かけてしまったとの事で来院されました。 見た目も大事にしたいという事でジルコニア+セラミックス(ジルコニアという白い金属のフレームにセラミックスという陶器を盛り付ける)被せ物を選んでいただきました。 こちらの被せ物は天然歯とほぼ変わらずツヤがあり虫歯になりにくく着色もありません✨ 来院回数は初診日、クリーニング、型取り、装着の4回。 答え。被せた歯は左の1番目です✨ ご本人の天然歯のお色に合うようにお写真を撮ります。 費用は13万円でしたが、患者様にとても満足していただき、笑顔☺️が見れて、 私達もとても嬉しく思いました♡  ...
Read more

親知らずを利用しました⭐️矯正⭐️抜歯

よく患者様から親知らずは抜いたほうがいいですか?というご相談を受けます。ただ、親知らずの生え方(方向、根っこの形)や状態(完全に出ているのか、そうでないのか、虫歯になっているのか等)周りの環境(下の親知らずの近くには神経があり離れているのか)等様々な要因を加味して考えなければいけません。ただ、ほとんどの場合は抜いたほうがいい方がほとんどだと思います。

今回はこんな邪魔な親知らずを活用した治療をご紹介します。

当院にご紹介でいらっしゃった患者さんで、左下の歯の痛みで他院で治療を受けていた患者さんです。当院でレントゲンを撮ると、親知らずの手前の歯の神経の治療を受けていました。レントゲン写真をみると大きく穴が空いており、なおかつ親知らずの影響もあり歯周病にもなっていた為、かなり状況が悪い事をお伝えして、治療方法をいくつか提示したところ、親知らずを矯正で状態の悪い歯の位置に移動させる事になりました。CTも撮影してご説明しました。

CTはレントゲンでは判りにくい部分を視覚的に患者さんに説明できるので、患者さんがイメージしやすく、当院ではインプラントや根の治療で活用しています。

矯正のメリットはインプラントや入れ歯を使わずにご自身の歯で噛める事です!デメリットは期間が1年〜2年かかる事です。また治療は保険が利かない事です。

こちらが、矯正開始から1年3ヶ月経った状態です。穴が空いて残せなかった歯の位置に親知らずを動かしてきました。この後上の歯としっかり噛ませる為に被せ物をする予定です。患者さんは時間かけても自分の歯を利用できた事に喜んでいました。

この様に親知らずを活用する事も出来ますので、歯を失って治療方法にお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

...
Read more

ノーベルガイド?インプラント治療は大変?インプラント1本治療時間10分?

インプラント治療において不安な事は痛い・腫れる・大変そうなどだと思います。

患者さんの顎の状態によっては骨が痩せていたり、その他の部分の歯周病があったりと1人1人環境が違うので、骨が痩せている方は骨を増やす(再生治療)必要があったりと、大変な場合もあります。

ただ、抜歯をしていて随分たっている等、骨を足さなくてもいい環境が整っている場合は比較的インプラント治療が簡単です。

インプラント治療における不安を解消できるのがサージカルガイドという装置で、当院ではNobelbiocare社のノーベルガイドというシステムを導入しています。

先日行ったインプラント治療を元に説明します。患者さんは右下の奥歯に2本のインプラント治療をご希望されました。歯茎の状態も良く、レントゲン写真では下の骨もしっかりしています。

ただ下の奥歯だと、下に神経が走っており、これを傷つけてしまうと下唇に麻痺がでてしまいます。この方の場合は近い距離にある為、CT撮影が必須で2本のインプラントが必要である事からノーベルガイドを使用する事になりました。

流れとしては

①インプラントの部分の被せ物のイメージを作成する

②CTデータと重ね合わせて、インプラントの位置を決定し、データを送る

③サージカルガイドが送られてくるので、それを使用してオペをする。

下に各ステージの写真をアップしました。

右下に2本のインプラントを計画

[caption id="attachment_3726" align="alignnone" width="611"] 術前のレントゲン[/caption][caption id="attachment_3728" align="alignnone" width="604"] 最終的な被せ物のイメージ[/caption][caption id="attachment_3729" align="alignnone" width="604"] 先ほどの最終的な被せ物のイメージとCTを重ね合わせてインプラントの計画をします[/caption][caption id="attachment_3727" align="alignnone" width="604"] Read more